What's Axelsons? スウェーデン本校・アクセルソンとは?

  1. ホーム
  2. What's Axelsons?
  3. スウェーデンマッサージの歴史

スウェーデンマッサージの歴史 ~スウェーデンにおけるマッサージ200年

● スウェーデン式マッサージの開発者・リンの経歴

パー・ヘンリック・リン(Per Henrik Ling,1776-1839)

スウェーデンにおいてマッサージを進展させ広めたのは「スウェーデン体操の父」でもあるパー・ヘンリック・リン(Per Henrik Ling,1776-1839)です。リンは彼のマッサージシステムを確立するために多方面を旅行して回り、マッサージや体操などを学びました。1799年に設立されたフランツ・ナフテガル体育研究所ではドイツの体操方法を学び、デンマークではフェンシングの教師として自分の体操運動が体にどのような成果をもたらすのかを理解するために解剖学を学びました。

● スウェーデン国民の健康を支えるマッサージ

「スウェーデン式マッサージ」

1813年、リンはストックホルムに戻り体操中央研究所という、スウェーデンで唯一の保健体操師・マッサージ師を養成する学校を設立しました。その頃のスウェーデンはロシアとの戦争に敗れ、国民は疲労と貧困に苦しめられていました。大国から繰り返し攻められて、兵士は傷つき闘争意欲も失っていたのです。そんな時に国王から、子供から大人まで国民すべてを健康に導くものを考案するようにリンに指令があり、「人の手によるとふれあい、スキンシップを通じて誰でもができるエネルギーの交流と運動機能を向上させる」マッサージを考案しました。現代のオイルマッサージの源流となっている「スウェーデン式マッサージ」の誕生です。

● アクセルソンが継承する現代のマッサージ

「筋肉療法」

19世紀以前まではマッサージはただ「気持ちの良いもの」としてのみ認識され、運動機能の向上や病気の予防・回復を早めることなどの効用が十分証明されてはいませんでした。リンやその後に続く研究者達により科学的な研究が進められ、マッサージの身体と心に及ぼす効果が徐々に明確になってきます。そしてリンの教育方法を基盤として1962年設立の「アクセルソン」は「筋肉療法」を導入し、筋肉の緊張をほぐすことにねらいを定め現代的な教育システムを構築。1978年以来、アクセルソンでは筋肉解剖学や運動器官の研究に大変多くの時間を割いており、今日のボディケアセラピストは筋肉の専門家であると言っても過言ではないでしょう。

このようにスウェーデンで生まれたこのマッサージは、営利主義でなく、純粋に人々を癒やし健康に導くものとして考えられたもの。だから200年の長い年月を経ても衰退することなく、エステティックやスポーツマッサージなどオイルマッサージの基本として、成熟した現代社会・ストレス社会にこそ必要とされる健康法として世界で認知されているのです。リンの愛弟子であったアクセルソン校長の祖母から、孫である校長へその伝統の技術は継承され、現代に受け継がれているのです。